TOP -> 治療案内TOP
治療案内TOP

虹クリニックの治療方針

基本検査 −妊娠を妨げる原因を調べる基本的検査−

子宮卵管造影検査

卵管通過性の状態、子宮内膜異常の有無を調べます。

ホルモン検査

排卵障害や卵巣機能の異常など有無を調べます。

精液検査

精子数や精子受精機能を調べる検査です。

着床期検査

着床期内膜の状態と黄体機能を調べます。

フーナーテスト

精子が子宮腔内に進入できるかを調べる検査です。

特殊検査 −妊娠を妨げる原因を調べる特殊検査−

子宮鏡検査

卵管閉鎖が疑われる場合や子宮腔内の腫瘍(子宮筋腫や子宮内膜ポリープ)と子宮腔の形の異常を調べます。

腹腔鏡検査

卵管障害(卵管水腫)や卵のpick-up障害を引き起こす卵管周囲の癒着の有無を腹腔鏡検査により調べます。

スイムアップ検査

精子の受精する力を調べる検査で、一般の精液検査同様に、ご自宅で専用の容器に採取検査することが出来ます。

ホルモン検査

『LH-RHテスト』、『TRHテスト』、『糖負荷テスト』があり、分泌異常 の有無などを調べることが出来ます。

FT-カテーテル(卵管鏡下卵管形成術)

FT-カテーテルは卵管の疎通性を改善するために開発された不妊治療方法です。

タイムラプス エンブリオ モニタリングシステム

24時間継続して受精卵の観察が可能な培養器です。

AMH(抗ミューラー管ホルモン)

卵巣にある卵子の在庫の目安となる値。卵巣機能評価法のひとつです。

一般治療 −妊娠するための一般的な治療−

タイミング指導

排卵のタイミングに合わせて夫婦生活をもっていただく方法です。自然排卵による方法と排卵誘発剤を使用する方法があります。

人工授精

ご主人の精液あるいは精子調整液を子宮内に注入する方法です。人工授精(AIH)と洗浄濃縮した精子調整液を注入する洗浄人工授精(w-AIH)の2種類があります。

体外受精・胚移植

注射の排卵誘発剤を使って複数の成熟卵を育て、体外で精子と受精させて作りだした胚を子宮内に移植する方法です。

顕微授精

細い針を用いて卵子に精子を1匹だけ注入する方法です。正常な精子を卵子の細胞質内に注入します。通常の体外受精では受精しない場合に適用します。

凍結胚の融解胚移植

卵巣過剰刺激症候群になる可能性が高い場合やクロミッド周期で子宮内膜が厚くならない場合に新鮮胚移植せずに全ての胚を凍結し、別の周期に融解胚移植します。

各種治療

低刺激法

点鼻薬(GnRHアゴニスト:ナサニール、スプレキュア)と注射の排卵誘発剤を用いた標準的な体外受精でなく、自然な排卵周期に近い状態での体外受精法です。

clomiphene周期

月経8日目と10日目にhMG or FSHを75単位投与する方法。

long法

前周期の高温中期に点鼻薬(ナサニール)を開始し、月経3日目から排卵誘発剤の注射を開始する方法。

short法

月経1日目から点鼻薬(ナサニール)を開始し、月経3日目から排卵誘発剤の注射を開始する方法。

Clomid + hMG/FSH法

クロミッドを生理3日目から、5日間内服し、生理3日目からhMGあるいはFSHを150〜225単位で注射を開始(隔日)する方法。

アンタゴニスト法

生理3日目から、排卵誘発の注射を開始し、卵胞が14mm位の大きさになってから、排卵が起こることを防ぐ目的でアンタゴニストの皮下注射を併用する方法。

自然排卵周期

出来るだけ薬を使わずに卵が育つのを待つ方法。

その他の治療

胚盤胞移植

形態良好胚を子宮内に移植しても、なかなか妊娠しない場合に対して胚を胚盤胞になるまで(採卵後5-7日目まで)培養し、子宮内に胚移植するのが胚盤胞移植です。

精巣内精子回収法(TESE)

射出された精液中に精子が全く認められない無精子症の方に対して、精巣組織の一部を切除して顕微鏡下で精子を探しだし、顕微授精を行う方法です。

卵管内胚移植法

腹腔鏡を用いた胚移植法はZIFTと呼ばれ、子宮鏡を用いた胚移植法をh−TESTと呼んでいます。

アシステッドハッチング(透明帯開口術)

良好胚を移植しても着床しない脱出障害が原因の場合、レーザーを用いて透明帯を薄くし、着床し易くします。これをアシステッドハッチング(AHA)法といいます。

子宮内膜を厚くする方法

着床しやすい子宮内膜の厚さに満たず、妊娠しにくい場合、当クリニックでは、ホルモン補充療法とビタミンE療法をお勧めしています。

手術療法

『腹腔鏡下子宮筋腫切除術』、『子宮鏡下手術』、『卵巣チョコレート嚢腫のアルコール固定術』などの手術を行っております。(荻窪病院へ紹介)

胚移植困難例の特殊治療

子宮頸管の著しい狭窄・屈曲により、胚移植が困難な場合、『子宮頸管拡張術』、『子宮鏡下頸管形成術』の2方法をお勧めしています。(荻窪病院へ紹介)

2段階胚移植法

子宮腔内や卵管内に胚が存在することが着床環境を向上させるというデータに基いて実施されている胚移植法です。

ページのトップへ