TOP -> お知らせ|新型コロナウイルス(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの声明について
お知らせ
お知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの声明について

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、不安な日々をお過ごしのこととお察しいたします。
2020年4月1日、日本生殖医学会から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について以下の声明が発表されましたのでご報告致します。

「国内でのCOVID-19感染の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できるCOVID-19予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、不妊治療の延期を選択肢として患者さんに提示していただくよう推奨いたします。」

「人工授精、体外受精・胚移植、生殖外科手術などの治療に関しては、延期が可能なものについては延期を考慮してください。」

これを受けまして当院では、現在治療中の患者さん、これから治療をご希望の患者さんに対し、今後の治療継続・一時延期等について、受診時にお一人おひとりのご状況・ご希望を伺いながら対応させていただきたいと考えております。

当院では今後も感染予防に努め、患者様が安心して治療できる体制を維持して行きたいと考えております。皆様におかれましても、院内感染予防のためのご協力を引き続きお願い申し上げます。
一日も早く収束し、安心して治療を受けていただけるよう祈っております。

声明の全文は日本生殖医学会のホームページよりご確認ください。
また、声明には世界各国のARTのデータ収集・分析・普及を行う非営利国際機関であるICMARTが不妊でお悩みの方向けに出された声明文の和訳も掲載されております。併せてご確認ください。

日本生殖医学会:http://www.jsrm.or.jp/

2020年4月3日更新
虹クリニック

ページのトップへ