TOP -> クリニック紹介
クリニック紹介

院長紹介

「妊娠しづらい」という悩みは軽いものではありません。
医療の発達にともない、妊娠しづらい原因はさまざまであることが分かってきています。精神的なストレスが関係することもありますし、女性側だけでなく男性側に問題点が認められたりすることもあります。また、その他の原因があることもあります。その原因を突き止めたうえで改善し、妊娠しやすい状態を私たちと一緒に作っていきましょう。
私たちは、お子さんを授かりたいと思われるご夫婦の希望の架け橋となることを願っています。

虹クリニック院長 北村 誠司
院長ブログはこちら

虹クリニックの理念

私たちは、こどもを授かりたい皆さまの「虹の架け橋」になれるよう、全てにおいてベストを尽くします

虹クリニックの特徴

特徴1:安心できる治療

患者様への十分な説明と納得して頂いた上での方針決定。
不妊カウンセラーによる、気持ちのコンディション確認と不安がある場合の対応。

特徴2:患者様を第一に考えた最先端不妊治療への理解

妊娠困難な方へ安全性を考えた新しい治療法や薬剤の導入

特徴3:子宮鏡・腹腔鏡を用いて、妊娠に適した状態への改善

生殖医療を受けている患者様の中には、子宮筋腫が子宮腔を圧迫していたり、子宮奇形が認められたり、小さくない内膜症性卵巣チョコレートのう腫が放置されたままのケースが時々みられます。子宮内腔に癒着が著しく認められたり、内膜ポリープが多発していると妊娠が難しくなります。
当クリニックでは、このようなケースに対して、子宮鏡下手術や腹腔鏡下手術を本院(総合病院)で行うことで原因を取り除き、妊娠しやすい状態を作りだすよう努めています。(大きい子宮筋腫は、開腹手術となります。)

特徴4:胚移植の改善

胚移植はIVFの最終段階です。それ迄のステップが順調に進んでいても、胚移植がうまく行われなければ妊娠にはつながりません。当センターでは、着床を阻害する子宮内膜ポリープや子宮筋腫を積極的に取り除くようにしております。胚移植の前周期までには、胚移植カテーテル挿入の予行演習を行い、本番の胚移植を最大限スムーズに行うよう心がけております。胚と子宮内膜への負担が少ない移植を目指しています。

特徴5:男性不妊専門医による治療

日本国内において、男性不妊の専門家は男性生殖器の手術・治療に従事している泌尿器科医であることがほとんどです。本院(総合病院)泌尿器科の常勤の男性不妊専門医の協力により、TESE- ICSI(精巣内精子を利用したICSI)や逆行性射精などのケースにも十分対応しております。

特徴6:生殖医療分野の学会への積極的な発表・参加・研修

生殖医学会、受精着床学会、IVF学会、産科婦人科内視鏡学会、周産期学会、生殖医療心理カウンセリング学会等の生殖医療分野の学会への積極的な発表・参加・研修を行い、日進月歩の生殖医療の先端分野に常に注意を払い、日常診療に役立てるよう心がけております。

当クリニックのご案内

フロアのご案内

リカバリー室採精室採卵室ナースステーション
※クリックすると拡大できます

受付診察室処置室カウンセリングルーム
※クリックすると拡大できます

当クリニックの概要
名称 医療法人財団 荻窪病院 虹クリニック
(日本生殖医学会生殖医専門医制度研修施設)
所在地 〒167-0051 東京都杉並区荻窪4-32-2 東洋時計ビル8階/9階

アクセスマップ

院長 北村 誠司
連絡先 03-5335-6577(予約受付・ご相談窓口)
(FAX 03-5335-6578)
ページのトップへ