TOP -> 治療案内TOP -> 各種治療
各種治療

自然周期採卵

(クロミフェン周期採卵)

点鼻薬(GnRHアゴニスト:ナサニール、スプレキュア)と注射の排卵誘発剤を用いた標準的な体外受精でなく、自然な排卵周期に近い状態での体外受精法です。

対象 若い年齢であるか卵巣の反応が活発な患者さんでは、注射の排卵誘発剤を用いるとOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になりやすい為に注意が必要ですが、自然周期、クロミフェン周期やフェマーラ周期ではOHSSのリスクは非常に低くなります。また、高齢の患者さんや卵巣の反応が弱い方では注射の排卵誘発剤を用いても1−3個の卵子しか採卵出来ないことも多く認められます。主にこの様な2つの場合には、自然排卵周期、クロミフェン周期やフェマーラ周期をお勧めすることがあります。
特徴
  1. 標準的な体外受精法と違い、注射のための連日の通院が無く、時々の通院で治療するために患者さんの負担が少ない。
  2. 自然排卵を対象としているので妊娠にトライするチャンスが増える。
  3. 育つ卵子が少ない(1〜3個)のでキャンセル率が高い。採卵できない、あるいは卵子が受精しない場合は、その周期の治療が中止となります。
方法 月経周期3日目に外来受診し、ホルモン検査と超音波検査を受け、クロミフェンの内服を開始します。8日目に受診し、卵胞の育ち具合を調べ、大きい卵胞があれば排卵コントロールのためのGnRHアゴニストの点鼻を行ってその2日後に採卵手術を行います。卵子の成熟度合いが弱ければ、さらに2日後に外来で検査します。
注意 クロミフェンを用いると子宮内膜が薄くなることが多いので、新鮮胚を移植することが出来ないことがあります。この場合は、胚を凍結保存して別の周期に融解胚移植を行います。

クロミフェン周期療法について

月経周期1日目
電話で外来に生理開始を伝える
月経周期3日目
基礎体温の確認、超音波検査、ホルモン値を確認したうえでクロミッドの内服開始。
月経周期8日目

卵胞ホルモン(E2)値、超音波検査、LH値を検査→卵胞が複数育っていればHMGかFSH(75単位)を注射する。

卵胞が発育していればナサニールを投与

□→2日後に採卵手術

月経周期10日目

卵胞ホルモン(E2)値、超音波検査、LH値を検査→E2が低値ならHMGかFSH(75単位)を注射する。

卵胞が発育していればナサニールを投与

□→2日後に採卵手術

月経周期12日目

卵胞ホルモン(E2)値、超音波検査、LH値を検査→E2が低値ならHMGかFSH(75単位)を注射する。

卵胞が発育していればナサニールを投与

□→2日後に採卵手術

以後、1〜2日おきに外来で同様に検査し、方針決定する。
ページのトップへ

clomid + hMG / FSH法

ページのトップへ

long法

前周期の高温中期に点鼻薬(ナサニール)を開始し、月経3日目から排卵誘発剤の注射を開始する方法

点鼻薬の処方について(高温期5〜7日目に診察)

点鼻薬の開始時期を決めるため、基礎体温の高温期5〜7日目に診察があります。 予約の上、来院して下さい。
※点鼻薬は2本処方させて頂きます。点鼻薬は、薬局によりますが、2本で約30,000円〜35,000円です。
※ナサニールの点鼻:1日2回(12時間毎)、左右どちらかの鼻に1吹きスプレーして下さい。(例:AM7時・PM7時)

通院開始について(月経3日目)

点鼻薬開始後の月経3日目から通院して頂きます。月経が始まりましたら電話にてご予約下さい。

ページのトップへ

short法

月経1日目から点鼻薬(ナサニール)を開始し、月経3日目から排卵誘発剤の注射を開始する方法



※ ロング法では、反応しにくい方に適用することがあります。

ページのトップへ

clomid + hMG / FSH法

ページのトップへ

アンタゴニスト法

月経3日目から排卵誘発剤の注射を開始。月経8〜10日目ごろ、卵胞が14mm程度になったら、アンタゴニスト(ガニレスト)の注射も開始します。

[ガニレスト]
ナサニールなど(GnRHアゴニスト)は、卵の質の劣化の可能性や排卵誘発剤(FSH・HMG)の使用量が多くなるという欠点があります。これらを補うために、ガニレストなど(GnRH アンタゴニスト)が開発されました。ガニレストはナサニールなど効き方は、異なりますが排卵を抑制する効果があります。
1日1回の腹部への皮下注射で採卵の2日前までの3〜4日程度注射します。
<費用>
ガニレストは1回9,000円です。1周期に3回〜5回程度使用しますので、約27,000円〜45,000円お支払いただく事になります。

ページのトップへ